分与請求は離婚後2年が期限

財産分与をする上で、まず財産分与について知っておいて貰いたいのですが、そもそも財産分与とは何かというと、結婚をして離婚をする場合、結婚してから離婚するまでの期間に築いた財産は夫婦二人のものとなっております。
そうなってくると離婚した際にどっちのものなのかという事になりますので、財産分与といって二人で分けるという形になります。

二人で分けるとなると何をどう分ければいいのかを迷ってしまうでしょう。
例えば、お金だったりすれば半分に分けることが出来ますが、土地や家などでしたら簡単に分けることは出来ません。
また名義が自分だからという理由で財産分与の際に自分のものであるという事はありませんので覚えておくといいでしょう。

では、そういったものをどういう風に分けるのかという事になりますが、分けるためにこの分与請求をするということになります。
分与請求というのはどこにするものなのかというと裁判所にするものとなっております。
裁判官によって財産分与を決めてもらおうという話になります。
やはりどうしても決まらないものは決まらないのでそういった場合に裁判をすることになります。

この調停に申し立てをするのが離婚をしてから2年までとなっております。
それ以上は申し立てをする事ができませんので覚えておきましょう。

どうなるにしても、財産分与というのは基本的にはお互いに5割となっておりますので、家が取られたら現金を多くするといったような措置が一番スムーズに行くのではないでしょうか。
ただ裁判所の場合は、きちんとお互いの状況を把握した上で措置を取ってくれるので、二人で話がまとまらない場合であったり、さらに話し合いでどちらかが有利になってしまう場合などは裁判所での調停を申請することをオススメします。

また裁判所で申請することで法的なものがありますので、後になってのトラブルもかなり少なくなるといった事もありますので、是非財産分与の際は裁判所での調停を申し入れすることをオススメします。