財産分与の割合はどう決めるのか

財産分与についてそもそもどういったものなのかという事をまず理解しておいて貰いたいのですが、財産分与というのは、夫婦が夫婦になってから築き上げてきた財産を離婚の際にお互いに分けることをいいます。
家などには名義がありますが、どちらかの名義になっていたとしてもそれは夫婦二人のものとなりますのでその点は理解しておくといいでしょう。

ではどういったものが財産分与の対象外になるのかというと夫婦間で築いたものではないもの、または結婚前に所持していたものに関しましては対象外となります。
財産分与というのは基本的にお互いの間で決められるのでしたら決めてもいいですが、意外と決まらないことが多いです。
そういう場合は裁判や調停で決めることが多くなるほどとなっております。
貯蓄、土地、家、そして株や家電など財産分与の対象となるものは非常に多くありますのでしっかりとその点は理解しておくといいでしょう。

では、ここからが本題となりますが、財産分与において割合が決まっているのかというと、ある程度の平均的な割合は決まっています。
これがどういったものなのかというと、共働きや専業主婦で変わっており、まず共働きだった場合の割合はお互いに5割となっております。
ちょうど折半で財産を分与するという形になります。

次にどちらかが専業主婦または主夫だった場合は、専業の方が3割から5割となり仕事に就いている方が5割から7割となっております。
また自営業の場合はお互いの働き具合によるということになります。
このように、財産分与の割合というものはある程度決まっております。

やはり、今までの財産を分与するという事になれば多少の揉め事になるのは間違いないでしょう。
もちろん結婚して短い年数でしたらそういった揉め事も少ないかも知れませんが、もう定年後などの熟年離婚などになるとどうしても退職金などがかかわってきますので揉めることが多くなるでしょう。
そういった事を含めて割合を知っておくといいでしょう。
また気になる財産分与に掛かる税金についても参考にご覧ください。