預金などお金の分与

財産分与は結婚してからの期間となりますので、預金なども含めて財産分与に該当します。
良く思われるのが、「口座の名義が自分だからそれはない」と思うかもしれませんが、財産分与に該当しますので結婚期間中の貯金等も対象です。
ただし、折半ということは殆どありません。
色々なケースと合間っていることが多いですから、財産としては対象になりますが、そのパーセンテージは、話あいや弁護士介入の元で決められていきます。
預金に関わらず財産は自分で証明をしなければなりません。

例えば、分かりやすい例で説明しますが、財産分与を主張したとして、どちらかが「そんなに所持してないしお金もない!」と財産を隠す口実をして隠してしまえば、いくら調停や裁判になっても実際に存在しているかどうかを発見できなければそれは証明されないのです。
つまり、こういうケースも存在するのです。
ですから日頃から家計簿をつけたり、預金通帳をしっかりと管理したり、もしもの為に備えておきましょう。
これは結婚生活中にとかではなくて、離婚を考えてからでもいいかもしれません。

そして財産分与は2年間の間でしか認められません。
その後何を言っても仕方がないので、離婚される際は気をつけるようにしましょう。
ギクシャクしてしまうものですが、離婚にトラブルはつき物です。
自分が悪ければ仕方がないかもしれませんが、相手に非があれば攻めたくなるのが道理です。
そういう時にも、ある程度の知識を持っていればトラブルを少なくしつつも財産分与を行えます。

慰謝料よりも財産分与のトラブルが非常に多いです。
分与に関して折半は共働きである程度の条件がかみ合わないとありません。
自ずとどちらかに割り振られます。
権利を主張する際は色々なものを予め調べておきましょう。
その上で主張することで認められます。

また余談ですが、離婚の際はただでさえ揉め事を起こして気持も困惑しているかもしれませんが、最後の話し合いになる場でもあります。
財産分与は面倒かもしれませんが、スマートに対応をして気持ちよくお互いに新しい人生に進みましょう。
また、財産分与を放棄した場合の請求についての記事も必見です。