結婚期間中の財産が対象

財産分与には決まりがあります。
「結婚期間中」のみの財産を分与するということです。
そして結婚前の財産に関しては、夫婦間で分与しなくても問題ありません。
それらを証明していくには、また難しいトラブルも沢山ありますが、ある程度は認められますし、難しく考えないで大丈夫です。

また財産分与のやり方ですが、夫婦間での割合も変わってきます。
共働きの方、専業主婦の場合などで、条件は違いますので頭に入れておいてください。

また財産分与の際に「税金」を考えるかもしれませんが、土地や、株などに関しては、かかるケースがあります。
不安な場合は予め財産分与の際に土地や株についての税金は相談していきましょう。
不動産や税務署に確認をしたりしておくとスムーズですし、トラブルも抑えれます。
そして、税金は申請しなければ多くとられるケースもありますので、軽減できるように調べておくことが良いと思います。

結婚期間中の財産となりますので、家を含めた全てのものが対象になります。
小さいものでも「財産分与」と決めるのであればそれも含まれます。
ですが2人で決めていくことになりますので事前に話し合いもそうですが、ある程度の物は振り分けて置くほうが良いと思います。
夫が購入したもの、妻が購入したものと分けていくだけでは終わらないのである程度の話し合いはしていきましょう。

また妥協も必要です。
長引いて泥沼化する前に、話し合いで終わるのならそれがいいでしょう。
そうしてスムーズになるほうがよっぽど素晴らしいことです。
離婚が決まると財産分与となりますので、話し合いも最後になると思います。
気持ちの良いことはあまりないと思いますが、最後ぐらいはスッキリとできるように妥協や思いやりをもって話し合いを済ませていきましょう。

その中でも自分の権利を主張しなければなりませんので、適度に話し合いを重ねて折り合いをつけましょう。
口論になってしまう場合も数多くあると思いますので、互いに落ち着いて話し合い、財産分与をしてほしいと思います。
参考にしてください。