家財道具の分与について

家財道具という分類は難しいものでもあります。
そもそも財産分与というのは慰謝料よりも問題になります。
結婚生活中に購入したもの、資産全てがその対象です。
つまり生活に関わるものを共にわけあうことになりますが、どちらにしても言い分はありますし、折れることが出来ない場合もあります。
そうなると、話し合い以外には弁護士や家庭裁判所で調停を行うしかなくなります。
法律では「結婚期間中に限り」ということになっています。
つまり結婚前の財産は取られる事はありません。

また経済能力が低い場合や、貢献度によって分配については変わっていきますが、最良の手段が必ずあります。
面倒な問題だとして投げやりになりがちですが、フラストレーションを貯めずに落ち着いた心で進めていくことを心がけてください。
こういう問題は特に離婚する焦燥感や、不安も伴ってよくない方向へと導かれてしまいます。

一度は結婚していた人たちが何かを理由に離れてしまうことは悲しい事でもありますが、人間である以上仕方がありません。
家財道具の分与についてですが、それも対象になりますので(結婚期間中に購入したもの)分与されます。
対象になるものは車も、ローンも、土地も全てです。
これらを離婚の際にしっかりと話し合います。

また分与した場合ですが、金銭で財産分与を行った場合は支払う側は税金はありませんが、不動産、株、などの譲渡所得がかかる場合があります。
受け取る側の方も税金はありませんが、不動産で受け取った場合のみ登録などの費用がかかりますので覚えておいてください。

話し合いでどうにもならない場合は弁護士を雇って折り合いをつけたほうがいいでしょう。
本来ならば最後の話し合いですので、当人同士が話し合う事が一番のオススメだとは思います。

離婚は慰謝料よりも財産分与が難しいです。
何かあってもいいように、予め話し合っておく事がいいかと思います。
人間は感情の生き物ですから難しい問題ではありますが、財産分与のトラブルはなるべくスムーズに終わるように理解を深めておきましょう!