離婚後の扶養も財産分与

財産分与という言葉を知っているとは思いますが、この財産分与というのは離婚の際に夫婦で築いた財産を二人で分与するといったことになります。
この財産分与について、若い夫婦でしたらそこまで問題になる事はないのですが、熟年離婚などになると意外と問題になる事が多くあります。
ではこの財産分与に関して、実は種類があるという事を知っておりますでしょうか。

だいたい想像されるのが貯金などを分与するといったようなことだと思いますが、基本的には貯金だけではなく、不動産関係や土地なども財産分与の対象となっております。
この財産分与の事を清算的財産分与といいます。
ですが、よく考えてみるとこの清算的財産分与にあたる土地であったり家であったり貯金がなかった場合に専業主婦だったりしたら離婚後に生活ができなくなります。
そういった事が起こらないように財産分与には種類が儲けられており、扶養的財産分与というものがあります。

この扶養的財産分与というものがどういったものなのかというと、離婚をした後にどちらかの生活が困難になる事を避けるためにある財産分与になります。
どういった財産分与なのかというと、例えば旦那の収入のみで奥さんが専業主婦だった場合、旦那さんは収入があるので離婚をしても生活していけますが、奥さんは生活をしていくことが出来ません。
ただ今まで奥さんの支えがあったからこそ仕事ができたという事で、別れた後にも奥さんの生活が安定するまでは奥さんの生活を援助するという財産分与となっております。
もちろん、奥さんが仕事をしていて生活が安定するという場合は全く問題はありませんので覚えておくといいでしょう。

さらに、清算的財産分与によって生活が安定するという場合であっても扶養的財産分与は必要がありませんので覚えておくといいでしょう。
このように財産分与といっても種類が複数ありますので、財産分与について調べる際は種類も一緒に把握するようにしましょう。