退職金の分与について

退職金の分与については、基本的に貢献度合いについて変化はありますが、分与するものだと思ってください。
そもそも財産分与というのは、結婚をしたときから築いた2人の財産を、離婚を機会に全て分けるという仕分けのことです。
慰謝料が先行しがちですが、実はこちらも重要なことです。

この財産分与には数多くの項目がありますが、預金や、自宅、保険、株などもその例です。
ですが、結婚期間中だけですので、それ以前に親から譲り受けた相続や資産は分与対処に含まれません。
また家のローンなどは財産分与した際に2人の負担になりますので、財産分与が良いことばかりではないということです。

そしてここで注意ですが、退職金も財産分与の対象になりますが、稀に違うケースがあります。
それは、結婚前から勤務をして働いた期間の分は非対象になりますので、分与することが出来ません。
これが注意点でもあります。
そしてどちらにしても大事なことですが、離婚後2年を過ぎると時効になって一切の請求が出来ません。
離婚前に予め決めておくか、離婚後速やかに話し合って自分の財産を守りましょう。

また給料明細や、通帳、権利書などの書類や、領収書はとても役立ちます。
財産分与の際は証明が必要になりますので、家計簿がある人はそれらもしっかりと抑えておいてください。

また財産分与=離婚になります。
有利に進めるなんてことはないとは思いますが、結婚していたものが別れるというのはとても悲しいことです。
もう一度離婚の決断の前に話し合うことからお互いを見つめ直すべきだと感じます。

お互い人間ですし、譲り合いや助け合いで最悪のケースに辿り着かなくて済む場合があります。
離婚を考える前に修復を考えてみましょう。
必ずどちらが悪いにせよ話し合う余地は残っています。
現代は、熟年離婚もそうですが、離婚ばかりが当たり前だと思っていますが、そうではありません。
話し合いの場を設けてきちんと語り合えば以外にもたやすく修復できるものです。

退職金の事も重要な財産分与ですが、改めて考えてみてください。
そしてお互いに最良の方法を取れるように考えていきましょう。
また、こちらの財産分与と税金の関係についても合わせてご覧ください。