分与で得た収入の税金

財産分与というものを知っておりますでしょうか?
財産分与というのは、簡単に説明をすると離婚をした際に、それまで二人で築いてきた財産を分与、つまり分けることをいいます。
ここで勘違いしてもらいたくないのが、あくまで二人での財産となりますので、結婚するまでの財産や親からの遺産は含まれないという事を把握しておくといいでしょう。
この財産分与において色々と難しい規定がありますので知っておいて貰いたいのですが、財産分与において実は税金がかかるという事を知っておりますでしょうか。

色々な税金がかかってきますのでその点を理解しておいてもらいたいのですが、まず、財産分与において贈与税というものがかかってきます。
全てにかかってくる場合と、全てにかからない場合がありますので覚えておいて貰いたいのですが、全てにかかる場合は贈与税や相続税をまのがれる為に行われた場合は全てにかかってきます。
また全てにかからない場合は二人で築いた財産が様々な場合を考慮しても多い場合はその多い部分に税金がかかってきます。

次に、譲渡所得税となりますが、これは不動産の譲渡をした場合に譲渡所得税がかかってしまう場合があります。
そして最後が不動産取得税となりますが、これはそのままの意味で財産分与によって不動産を取得した際に税金がかかってくるということになります。
このように財産分与をするだけではなく、財産分与をしてから税金がかかる場合があるということを把握しておくといいでしょう。
税金を支払わなければ脱税となってしまいますので、財産分与について調べる際にはこの税金についても調べるといいでしょう。

財産分与をする場合はいろいろな縛りがあり、面倒な事も沢山ありますが、きちんと分与するためには最後までしっかりと把握しておくことが大切となります。
貰うだけでしたらもちろん簡単かも知れませんが、税金として出て行くことも計算しながら財産分与を行うことをオススメします。