税金から見る財産の損と得

離婚を考えている人は色々と財産分与について調べていると思います。
ですが財産分与というのは非常に色々な事を調べないといけません。
まず財産分与について調べるのでしたら、財産分与とは何かという事ですが、これは夫婦になってからの財産を離婚した際に分与するといったものになります。
尚、これに関しましては結婚する前や別居中の財産、また両親の遺産などは含まれないという事も理解しておくといいでしょう。

また次に知っておいて貰いたいのは、財産分与には種類があるということになります。
ただ財産を分与するだけではなく、離婚してからの生活苦を避けるための扶養的財産分与というものもあります。
もちろん他にも種類があるので覚えておくといいでしょう。

では、今回は清算的財産分与、つまり土地だったり家だったり現金だったりについて分与するものについて、税金との関係性を把握しておいて貰いたいのですが、財産分与をする際には税金がかかってきます。
例えば贈与税であったり、譲渡所得税、不動産取得税というものがかかってくるというのを知っておりますでしょうか。
贈与税は贈与をした際にかかってくる税金となり、譲渡所得税というのは不動産を譲渡した場合にかかってくる所得税、そして不動産取得税は不動産を取得した際にかかってくる税金となります。

清算的財産分与をしてもこの税金によって損をしてしまう場合もあれば、得をする場合もありますがこれはどうしてなのかというと、不動産を財産分与で受け取った場合に現金の財産分与の額が減ったりすることもあります。
そういった場合に現金がないことで税金が払えないという損をしてしまいます。
もちろん不動産を取得しておりますので固定資産税なども課税しないといけませんのでさらに税金がかかってしまうこともあります。
贈与税で結局取られてしまったりすることもありますのでそれで損をしてしまうことがあります。
また逆に、現金のみで税金がなかなかかからないことで得をする場合もあるという事も理解しておきましょう。